Turrón de vino

赤ワインのメレンゲ

今日はチリのかわいいお菓子をご紹介します。

ふわっとしたメレンゲがほんのりピンク色になって春らしいんです。この季節、ところどころで「桜色」に出会ったり、目がいってしまいますよね。この色は赤ワインの色。お砂糖と煮詰めてメレンゲに混ぜる、ちょっとめずらしいチリの伝統菓子です。
くるみとの相性も良くて、いろいろと新鮮な驚きを発見できますよ。ぜひチリのカベルネ・ソーヴィニヨンを使って作ってみてください。

赤ワインのメレンゲ
Turrón de vino

材料(6人分)
卵白  2個分
赤ワイン  1カップ
グラニュー糖  大さじ6
くるみ   適量

作り方
1. 卵白をしっかりと泡立てる。
2. 赤ワインとグラニュー糖を鍋に入れる。グラニュー糖を溶かしながらとろりとなるまで煮詰める。
3. 熱い②を①に少しずつ加えながらさらに泡立てる。冷めるまでしっかりと泡立てる。
4. 器に移し、砕いたくるみをふる。

Estofado de Ternera

煮込み料理

暦ではもう春ですが、まだまだ寒い日が続いています。風邪やインフルエンザも流行っていて、身体あたためて免疫力も高めなきゃって思いますよね。それにつけても、この季節は煮込み料理がうれしいです。

スペイン暮らしでわたしの生活の中に根付いたものの中に煮込み料理があります。スペイン語で煮込み料理は”Estofado エストファード”、”Guisado ギサード”と言います。ギサードよりエストファードのほうがより時間をかけて「煮込む」感じでしょうか。おふくろの味の代名詞でもあります。

豆料理や肉、魚介・・いろいろな煮込みがあるなか、なんと言っても王道は肉のワイン煮込みだと思います。玉ねぎとピーマン、にんにくと肉を炒めて白ワインで煮こむのもスペインらしくて大好きですが、牛肉を赤ワインで煮こむシチューも美味しいですよね。白いごはんにも合うし。

まだ続きそうな寒い日にぐつぐつ煮込んでくださいね。

ビーフシチュー
Estofado de ternera

材料(3〜4人分)
牛肉(シチュー用、肩ロース、すね肉などの角切り) 500g
玉ねぎ                               1個
にんにく                              1片
ベビーキャロット                     8本
じゃがいも                             2個
トマトの水煮                             400g(1缶)
オリーブオイル                         大さじ2
赤ワイン(辛口フルボディ) 1/2カップ
ローリエ                          1枚
砂糖                               小さじ2
塩、黒こしょう                       各適量
小麦粉                            少々

(必要ならば)固形ブイヨン 1個 グリーンピース  適宜

作り方

  1. 牛肉は塩、こしょうをし、小麦粉をまぶす。
  2. 玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。じゃがいもは一口大に切る。トマトの水煮はつぶしておく。
  3. 鍋(焦げやすい鍋ならフライパンで)にオリーブオイル大さじ1を温め、牛肉を焼く。全面がこんがりとなったら取り出す。残ったおこげもこそげとりとっておく(玉ねぎが焦げるのでしっかりと)。
  4. 鍋にオリーブオイル大さじ1を温め、玉ねぎを加え弱火にしてゆっくりと炒める。玉ねぎがしんなりとしてきたら、にんにくを加えさらに炒める。
  5. 玉ねぎの甘みが出てきたら、牛肉とおこげを戻し入れ赤ワインを注ぎ、半量になるくらいまで煮詰める。
  6. トマトの水煮、ローリエ、砂糖、水11/2カップ、好みでブイヨンを加えて強火にかける。煮立ったら弱火にしてアクを取り除く。ふたをして1時間ほど煮込む。
  7. ベビーキャロットとじゃがいもを加え、ふたをしてじゃがいもがやわらかくなるまで、15~20分煮込む。
  8. 必要であれば塩、こしょうで味を調節する。

Sopa de ajo

風邪知らずのにんにくのスープ  “ソパ・デ・アホ”

スペイン人の台所には必ずと言っていいほどあるのがにんにくと残ったパン。そしてどの家庭にも常備されてるパプリカパウダー。さらに残ったスープストック、卵があれば完璧。というわけで冬にささっと作れる料理として本当に重宝されてるのがソパ・デ・アホ。にんにくのスープです。その上、風邪の予防や治療にも効果があるともなると、つくづくありがたいスープなんです。

熱々をふーふーしながら、口にするとにんにくの香りがふわっと広がる。半熟の黄身はそっと割る。混ざらないように最初半分食べて最後は混ぜて食べるんです。ここが好みが分かれるところなんでしょうね。お味噌汁の卵みたいに。そしてパンのふやけ加減もすごく大切。おじやみたいにぐじゅぐじゅにならない程度に程よくスープが染み込んでないといけない。これも作る人によってすごく違ってくる。

にんにくのスープと言うと赤い色。「辛いのか・・」と思う人も多いようですが、スペインの人たちは辛いものはほとんど食べない。「トマト?」って思ってる人もいるけれど、パプリカパウダー(甘口)の色です。香りも豊かでスペイン料理には欠かせないからこの香りだけで「たまらん!」と思う人たちもたくさん。できれば香ばしいスモークタイプ、それもスペイン・ベラ産を使えばさらに良し。

実は黒こしょうをたっぷりふったり、間違って買ってしまった辛口パプリカパウダーを使ったり。スペインらしくないけど、ちょっと辛いのも悪くないんです。

これは冬がとっても寒いカスティージャ・イ・レオン地方から全国的に広がったスープと言われています。バスクだと塩抜きした干し鱈が入るのがおもしろい。カタルーニャの人に教えてもらったみじん切りにしたタイムを一緒に煮込むのも好き。香りよくさらに風邪予防の効果もさらに上がるのでうれしいんです。シェリー酒をちょっぴり落とすのもいい。ますます身体はポカポカ! そんなときは香り豊かなアモンティジャードがお薦めです。

シェリーと言えば、ずいぶん前に五反田のシェリーバル「シェリーミュージアム」でいただいた締めが “ソパ・デ・アホ”ラーメンだったことがありました。それもインスタントラーメンの乾麺。。ポップだったなぁ。パンの代わりに麺やご飯を入れても美味しいのでいろいろ試してください。

臭い?にんにくは炒めてオリーブオイルに香りを移すので少量でも充分ですし、炒めることによって後に残る臭いも軽減。このスープ、思いのほかまろやかなので、あしからず。

風邪なんかに負けぬよう残りの冬もにんにくのスープでのりきりましょう!

にんにくのスープ
sopa de ajo

材料(4人分)
にんにく    2~4片
バゲット  100g
卵     4個
パプリカパウダー(スモーク) 小さじ2
オリーブオイル 大さじ2と1/2
スープ(チキンスープなど)  6カップ
塩、黒こしょう 各少々

作り方
1. にんにくは粗みじんに切る。バゲットは1cm角に切る。

2. 鍋にオリーブオイルを温め、にんにくを炒める。

3. バゲットを入れてさらに香ばしく炒める。火を止め、パプリカパウダーをふり入れて全体を混ぜる。

4. スープを入れて沸騰したら、弱火にして塩、こしょうで味を調え、ふたをして20分ほど煮込む。

5. 卵を落とし入れ、半熟状になるまで煮込む。

¡Feliz año nuevo!

新春のよき日に

あけましておめでとうございます。

元旦から美しい青空が広がり、新年の抱負を抱くにふさわしい明るく清々しいスタートとなりましたね。2019年がみなさんにとって健康で微笑みいっぱいの素晴らしい年になりますように。

実はわたしにとって今年は大きな節目となる年なんです。とんでもなく大きな大きな大台!に1歩踏み入れるところ。“おばあちゃんのスペイン料理”とか名前変えちゃおうかしら、とか考えたりしておりましたが、まずはブログを新しく開くことが新しい年の、そしてターニングポイントの第一歩となりました。

12年間続けてきたブログやいままで自分で記してきたもの、レシピなどの集大成として改めて気持ちも新たにまとめていきたいと思っています。楽しんでいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

さっそくですが、今年初、新ブログ初のレシピのご紹介です。

以前、読売新聞「おいしい!」にのせていただいたお正月料理。スペイン料理をベースにアレンジした洋風おせちです。どれも簡単に作れるので年末の準備がとっても楽でスピーディ。と言ってもね・・お正月にはもう遅い・・のでおもてなしなどに活用してみてくださいね。

タコのガリシア風/オレンジのキャロットラペ/鯛のマリネ/紫キャベツの炒めもの/クリームチーズのサーモン巻き/オリーブ・ローズマリーの羽根

残ったものを盛ったもの。盛り方で色々と印象が変わるのも楽しい。

オレンジのキャロットラペ
材料(2人分)
にんじん  1/2本
オレンジ 1個
塩 少々
a  白ワインビネガー(酢でも) 小さじ1
オリーブオイル      小さじ1
こしょう         適宜
作り方
にんじんは皮をむき千切りにして塩をふり軽くもみ、水分を切る。小房に分けた半分に切ったオレンジと混ぜてaで和える。

タコのガリシア風
材料(2人分)
ゆでだこの足  1本
a 粗塩 パプリカパウダー(スモーク)、オリーブオイル 各適量
作り方
たこはぶつ切りにし、aをふりかける。

栗と紫キャベツの炒め物
材料(2人分)
紫キャベツ    120g(約1/8個)
栗甘露煮(市販)  4個
酢           小さじ1
塩、黒こしょう   各少々
オリーブオイル   小さじ1
作り方
キャベツは千切りにし、オリーブオイルで炒める。酢を入れさらに炒め、塩、こしょうで味を調え、栗を加え混ぜる。

サーモンのクリームチーズ巻き
材料(2人分)
スモークサーモン(薄切り) 6枚
クリームチーズ    40g
いくら           少々
作り方
スモークサーモン2枚を少し重ねる。クリームチーズは3等分にし、手でスモ ークサーモン(2枚重ねた状態)の幅長さの棒状にし、サーモンの端にのせ(芯にして)くるりと巻く。半分に切り、いくらをのせる。

白味魚のマリネ
材料(2人分)
白身魚刺身(ひらめ、鯛など)   1/さく(140g)
白ワインビネガー           小さじ3
塩                      小さじ1/2
a  にんにくのみじん切り     少々
オリーブオイル          大さじ1
イタリアンパセリのみじん切り 2本
作り方
刺身をそぎ切りにして全面に塩をして15分おく。ビネガーをふり15分ほどおき、Aの材料をふる。